/

この記事は会員限定です

ESG投資道半ば 企業年金、責任原則の署名増えず

リターン不確実 「見せかけ」ファンドに批判の声

[有料会員限定]

ESG(環境、社会、企業統治)投資市場が拡大している。企業が環境対策に使う資金を調達するグリーンボンド(環境債)の国内発行額は、2020年に1兆円を突破し、企業のESG活動は活発だ。ただ機関投資家など運用サイドには慎重姿勢が残り、国際的な投資原則に署名する国内投資家は少ない。ESG投資の定着は道半ばだ。

運用機関などにESG要因の考慮を求める国連の責任投資原則(PRI)。世界の3800を超す主要運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン