/

この記事は会員限定です

脱炭素の具体策、企業に開示求める 国際組織が新指針

(更新) [有料会員限定]

温暖化ガスを減らす具体策の開示を求める枠組みが動き出す。主要国の金融当局が設立した国際組織は14日、脱炭素に向けた行動計画の開示を企業に求める新指針を発表した。削減目標や財務リスクの開示を求めてきた従来方針から踏み込み、技術開発や事業戦略など実現のための具体策を求める。計画の妥当性を客観的に評価できるようになれば企業の選別につながりそうだ。

気候変動関連の国際的な開示の枠組みを提示する「気候関連...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り801文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン