/

この記事は会員限定です

ニッポン大修繕時代 老朽インフラ蘇らせる企業・技術は

[有料会員限定]

「国土強靱化の必要性は切迫している。この追い風を受けられるショーボンドホールディングスには10年以上投資しており、長期的な投資先だ」。「ひふみ投信」で知られる、レオス・キャピタルワークスの渡辺庄太運用本部長はこう話す。

レオスは2020年春のコロナショックの際、ファンドの組み入れ銘柄を大胆に入れ替えた。それでも主力銘柄の地位を譲らなかったのが、インフラ補修工事に強みを持つショーボンドHDだ。「耐...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4034文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン