/

この記事は会員限定です

米中政府、商品高をけん制 景気への影響懸念

[有料会員限定]

米中が商品価格の高騰へのけん制を強めている。中国は銅やアルミなど非鉄金属に続いて原油の国家備蓄の放出を決定。背後には原材料高が企業収益を圧迫し、経済を冷やしかねないとの警戒感がある。米国でも食料品などの価格上昇で低・中所得層の不満が高まり、バイデン政権は寡占化した大企業が価格をつり上げていると批判を強める。インフレ動向は米連邦準備理事会(FRB)などの金融政策を左右するだけに注目が集まる。

商品全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン