/

ソフトバンクG、米AI企業の調達主導 評価5000億円超

ソフトバンクグループ(SBG)は人工知能(AI)アプリに利用するハード・ソフトウエア開発を手掛ける米サンバノバ・システムズに出資する。サンバノバの新たな資金調達を主導し、他の投資家の出資分も含めた金額は6億7600万ドル(約730億円)となる。サンバノバによると、今回の資金調達で同社の評価額は50億ドル以上となる。

SBG傘下の投資ファンド「ビジョン・ファンド2」がサンバノバの資金調達を主導する。他の投資家では、シンガポールの政府系投資会社テマセクなどが初めて出資する。米ブラックロックなど既存投資家も追加出資する。

サンバノバは米スタンフォード大学の教授らが2017年に設立した。AIの能力を増強し、データセンターなどの能力を高めるシステムを手掛ける。これまでに10億ドルを調達している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン