/

この記事は会員限定です

統合に汗「チームで勝つ」 三井住友信託銀行・大山社長

[有料会員限定]

中央三井トラスト・ホールディングスとの経営統合を含め、常に再編の最前線に身を置いてきた。中枢の企画部門に計14年間在籍した経歴から「企画畑」とみられるが原点は法人営業だ。

1988年に住友信託銀行に入ると、持ち前の闊達さで松下電器産業(現パナソニック)など関西の大企業に食い込んだ。本部行きの辞令は去就を案じる取引先から耳打ちされて知った。

大山氏を、後に社長になる常陰均人事部副部長(当時)は見逃さなかった。9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り592文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン