/

この記事は会員限定です

FXが初の6000兆円超 20年度、米大統領選・在宅で活発

[有料会員限定]

個人投資家の外国為替証拠金(FX)取引が急拡大している。2020年度の取引金額は初めて6000兆円を超え、過去最高になった。米大統領選などの政治イベントで円相場の値動きが大きくなったことに加え、新型コロナウイルス禍による在宅勤務の広がりで売買が活発になった。

FX取引は投資家が証拠金を業者に預けてドルやユーロなどの外貨を売買する。為替相場の変動による売買益を見込めるほか、外貨買いによっては「スワッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り972文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン