/

この記事は会員限定です

32年ぶり円安、147円台後半 日本経済の構造的弱さ映す

米CPI、9月8.2%上昇 FRB引き締め継続観測

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える
【この記事のポイント】
・円相場が147円台後半に下落、バブル崩壊後の最安値に
・9月の米物価指数が予想を上回り、ドル高が進んだ
・他通貨も安いが、日本は経済の構造的な弱さを映す円安

円相場は13日、一時1990年8月以来、約32年ぶりの円安・ドル高水準となる1ドル=147円台後半に下落し、バブル経済崩壊後の最安値圏に突入した。9月の米消費者物価指数(CPI)が予想を上回り、米連邦準備理事会(FRB)が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1117文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません