/

この記事は会員限定です

日銀総裁、円安容認発言に変化 「失言」も影響か

[有料会員限定]

日銀の黒田東彦総裁のこれまでの円安容認姿勢に変化が目立ち始めた。13日の外国為替市場で1ドル=135円台まで進んだ円安を巡り「先行きの不確実性を高め、経済にマイナスで望ましくない」とけん制した。「円安は日本経済にプラス」との見解を繰り返してきた黒田総裁だが、円安がもたらす物価高への反発が強まるなか、慎重な発言を余儀なくされている可能性もある。

「企業による事業計画の策定を困難にする」。黒田総裁は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り689文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン