/

この記事は会員限定です

債券と株、インフレで同時安リスク 現金への逃避加速も

[有料会員限定]

世界の市場で、債券と株の価格が同時に下落する傾向が強まっている。値動きの異なる資産を組み合わせてリスクを抑制する分散効果がそがれ、投資家のリスク許容度が低下しやすい。現金や非上場資産などへの逃避が加速し、市場を不安定にする要因になりかねない。

投資では株と債券を中心とした資産の分散がセオリーだ。例えば景気の良いときは株価が上がり債券価格は下がりやすい傾向がある。値動きの方向性や大きさが違う資産を合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン