/

この記事は会員限定です

トウモロコシ、生産増で反落 10月の米需給報告

[有料会員限定]

12日の米シカゴ商品取引所でトウモロコシ先物(期近)は反落し、前日比10.50セント安の1ブッシェル5.22ドルで取引を終えた。米農務省が同日発表した穀物の需給報告で、米国の2021~22年度の生産量見通しが前年度比6%増の3億8100万トンと前月発表を上回った。世界最大の生産国である米国の豊作見通しで需給緩和を見越した売りが出た。

市場関係者の多くは単収(単位面積当たりの生産量)の下方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン