/

この記事は会員限定です

ファンズがグリーン貸し付けファンド、R&Iが第三者認証

[有料会員限定]

融資型クラウドファンディングを手掛けるファンズ(東京・港)は格付け会社のESG(環境、社会、企業統治)評価をつけた貸し付けファンドの販売を始める。個人投資家のESGへの配慮が強まるなか、発行体格付けを取得していない企業でも環境などに特化した資金調達ができる機会を提供する。

第1号としてADワークスグループがこの仕組みを利用する。ファンズが年利2%で約5億円を個人から集め、組成したファンドを通じてADワークスに貸し付け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り255文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン