/

ABCマートが一時5%高 優待廃止、還元強化を好感

話題の株

13日の東京株式市場でエービーシー・マート株が一時前日比250円(5%)高の5250円となり、約1カ月ぶりの高値を付けた。12日の取引終了後、75億円を上限とする自社株買いを発表した。合わせて配当などの株主還元を優先するため優待制度を廃止するとした。還元強化と受け止められ、好感した買いを集めた。

ABCマートは13日~2月28日までに自己株式を除く発行済み株式数の1.81%にあたる150万株を上限に自社株買いを実施する。市場では「これまでも還元姿勢の改善が見られていたが、改めて好材料視された」(国内証券)と評価する声があった。

12日発表の2021年3~11月期連結決算は純利益が前年同期比40%増の143億円だった。9~11月期は売上高総利益率が低下したが、クレディ・スイス証券の風早隆弘氏は「値引き販売による一時的な要因。経済活動の正常化に伴い12~2月期からは需要も回復基調にある」とみる。

予想PER(株価収益率)は20倍台と小売業の加重平均に近く、割高感は強くない。ゴールドマン・サックス証券の河野祥氏は「インバウンドが戻れば業績回復が期待できる一方、成長率をもう一段高めるためには新たな成長軸が必要」と指摘していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン