/

この記事は会員限定です

白金、需給逼迫で「金利」上昇 脱炭素と中国爆買い背景

[有料会員限定]

プラチナ(白金)を借りるコストが大幅に高まっている。金利にあたる借り賃は「リースレート」と呼ばれ、7月以降急上昇した。金やパラジウムといったほかの貴金属と比べても突出して借り賃が高い。脱炭素需要を見込んだ投資や中国の輸入で白金の地金が品薄になったためで、実需でリースが欠かせない製造業に打撃を与えている。

リースレートは現物価格と先物価格、ドルの短期金利から算出される。国際調査機関のワールド・プラチ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1062文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン