/

この記事は会員限定です

投機筋、ドル買い越し3週ぶり縮小 リスク回避後退で

[有料会員限定]

投機筋によるドル買いの動きが一服している。米商品先物取引委員会(CFTC)の7日時点のデータをみずほ銀行が集計したところ、投機筋の売買動向を映す「非商業部門」の主要8通貨に対するドルの買越額は203億ドル(約2.3兆円)と、3週間ぶりに縮小した。新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」への警戒感が後退し、リスク回避から進んでいたドルを買う動きが弱まった。

14~15日には米連邦公開市場委...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り244文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン