/

この記事は会員限定です

FRB、なぜ大幅利上げを決断? 円安圧力さらに

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)は15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を0.75%も引き上げる大幅な利上げを決定した。利上げ幅は1994年11月以来、27年ぶりの大きさで、7月の次回会合でも0.5%以上の利上げに踏み切る可能性が高い。異例の連続大幅利上げの背景に何があるのか。世界経済や金融市場への影響を含め、3つのポイントで読み解く。

・なぜ0.75%の大幅利上げ?
・金融引き締めどこまで続く?
・円安・ドル高さらに進む?...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1803文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの意味や背景を理解するためのポイントをいちからわかりやすく解説し、その後の展開を見通します。欧米メディアでは「エクスプレイナー」と呼ばれる解説コンテンツです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン