/

この記事は会員限定です

「SBIはハゲタカじゃない」 国、新生銀防衛策に疑義

[有料会員限定]

新生銀行の株式を約22%保有する預金保険機構は13日、新生銀が打ち出したSBIホールディングスからの買収防衛策について「正当かというと疑義が残ると言わざるを得ない」との見解を表明した。SBIを「(買収後の転売を狙った)ハゲタカファンドではない」と受け止めており、それに比べてSBIに過度な不利益を生じさせる強力な防衛策だったと言う。

SBIが9月に始めたTOB(株式公開買い付け)に対抗するため、

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン