/

この記事は会員限定です

強まる「日本売り」シナリオ 株安・円安が加速

ポジション

[有料会員限定]

13日の外国為替市場では円売り・ドル買いが優勢になり、一時1ドル=109円台後半と1カ月ぶりの円安水準をつけた。米国のインフレ懸念の強まりが米金利上昇とドル高を誘ったが、最近は日本経済の回復の遅れに着目した円売りを指摘する市場参加者も増えている。株価も通貨も安くなる「日本売り」のシナリオが現実味を帯びる。

この日の円相場は前日の東京市場終値(1ドル=108円80銭程度)から1円近く安くなる場面もあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1102文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン