/

この記事は会員限定です

お金のデジタル化、事業会社が主導 ペイパルは独自通貨

[有料会員限定]

金融機関ではない事業会社が法定通貨や実物資産を裏付けに独自通貨を発行する動きが広がっている。米電子決済大手ペイパル・ホールディングスが独自通貨の発行を検討しているほか、日本でも三井物産など大手企業の計画表明が相次ぐ。即時決済・低コストを武器にしたお金のデジタル化は商取引を円滑にし、企業の資金効率の改善につながりそうだ。

ペイパルは米ドルを裏付けにした独自通貨「ペイパルコイン」の発行準備に入った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1393文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン