/

この記事は会員限定です

株、年初来安値432社 東証1部、1年2カ月ぶり高水準

IT関連など下げ加速

[有料会員限定]

東京株式市場で年初来安値を付ける銘柄が増えている。13日は東証1部で432銘柄が年初来安値を更新。新型コロナウイルス感染拡大の影響で株価が急落した2020年3月17日以来の高水準となった。インフレ懸念の台頭から世界でハイテク株が売られた流れを受け、国内でもIT(情報技術)関連株を中心に下げが加速している。

この日の日経平均株価は前日比699円(2%)安となり、3日連続の大幅安で2千円超も下げた。市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り504文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン