/

この記事は会員限定です

長期的な視点の林業再生策を

十字路

[有料会員限定]

米国の住宅需要の増加でウッドショックと言われる木材価格の上昇が起きている。前年同期比で日本の製材輸入量は今年7月まで16%減少、価格は7月2~3割程度(乾燥材は2倍に)上昇している。

価格が上昇すると市場は供給量を増やす。それ以上に人為的に国産材の生産を増やせば、経済にひずみが生じる。特に木材の生産には50年以上を要する。短期的に供給を増やすと将来の供給に必要な森林資源が減少しかねない。

山元の立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り545文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン