/

この記事は会員限定です

国民年金の学生向け特例 不利益避け保険料を猶予

[有料会員限定]
4月から成人年齢が18歳になりました。一方で20歳からで変わらないルールもあります。その1つが国民年金の保険料の納付です。納付が難しい場合は猶予や免除を申請できます。学生には保険料を後払いできる特例もあります。

Q 国民年金には誰もが入らなければならないのですか。

A 20歳になると、国内に住むすべての人は国民年金に入り、保険料を納めなければなりません。2022年度の保険料は月1万6590円で、大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン