/

この記事は会員限定です

ワクチン接種、投資先選別の軸 ポンドやドル上昇鮮明

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

金融市場で、新型コロナウイルスのワクチン接種の進捗状況に応じて投資先を選別する動きが強まっている。接種が先行する英国や米国に投資マネーが流入し、英ポンドや米国のドルが年明けから上昇している。遅れが目立つ日本やユーロ圏、一部の新興国の通貨は弱さが目立つ。ワクチン普及が経済の早期回復につながるとの投資家の期待が表れている。

通貨の総合的な価値を示す日経通貨インデックス(2015年=100)を構成する2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1236文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン