/

ガソリン店頭価格162円、7年ぶり高値 家計に負担

(更新)
ガソリン店頭は7年ぶりの高値に(都内の給油所)

資源エネルギー庁は13日、11日時点のレギュラーガソリンの店頭価格(全国平均)が1リットル162.1円になったと発表した。2014年10月以来、約7年ぶりの高値をつけた。原料となる原油の調達コスト上昇が背景にある。新型コロナウイルス禍からの経済回復や産油国の減産で需給が締まっているうえ、円相場の下落も重なる。ガソリン高で家計の負担は増しそうだ。

前週からは2.1円(1.3%)上昇した。年初比では26円(19.1%)高い。原料の原油は、米国市場の先物価格が約7年ぶりの高値圏で推移している。新型コロナウイルス禍からの経済再開で需要が急増する一方、産油国の減産で供給は伸び悩んでいる。円安が進行している点も原油の輸入コスト上昇につながっている。

国内では緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が9月末で解除され、秋の行楽シーズンを迎えて人の移動が増えやすい。給油所が仕入れコストを店頭価格に転嫁しやすい地合いが整ってきたとの指摘もある。

当面値上がりが続きそうだ。国内の元売り各社は今週、調達コストの上昇を背景に卸値を2.5~3円引き上げると系列の給油所に通知した。市場では年内にも170円に到達するという見方が増えている。170円台となれば、2008年9月以来約13年ぶりの水準となる。

消費者の負担は増す。総務省の家計調査(2人以上の世帯)によれば、8月時点でガソリン代の消費支出に占める割合は2%を超え、年初比0.5ポイント高い。2%超えは19年8月以来2年ぶりだ。

足元では灯油の配達価格もすでに約6年10カ月ぶり高値をつけている。今後冬に向けた需要増を見据え一段の値上がりも見込まれるだけに、ガソリンや灯油といったエネルギーの高騰が家計に負担を一段と強いることになりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン