/

この記事は会員限定です

サウジ産原油の調整金が下落 2月積み、需要減退懸念で

[有料会員限定]

サウジアラビア国営石油会社のサウジアラムコは、2月積みのアジア向け原油の調整金を引き下げる。代表油種「アラビアンライト」は1バレル当たり2.20ドルの割り増しと、1月積みより1.1ドル安い。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染拡大で需要が減退するとの懸念を反映した。

主要油種の調整金をそろって引き下げるのは3カ月ぶり。中質油の「ミディアム」は2.05ド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り181文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン