/

この記事は会員限定です

大豆ミール、5四半期ぶり下げ 10~12月 原料安映す

[有料会員限定]

主に家畜の餌となる国産の大豆ミールは、10~12月の大口取引価格交渉が5四半期ぶりの値下げで決着した。原料相場の下落を映し、最高値だった前期(7~9月)期に比べ3%安くなった。畜産農家の負担はやや軽くなる見通しだが、依然前年同期より2割以上高い。堅調な食肉需要を反映して大豆ミール需要は底堅い。海上運賃や為替動向もあり、今後も値下がりが続くかは不透明だ。

製油各社が大豆や菜種を搾って食用油を生産する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1308文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン