/

この記事は会員限定です

小麦先物、約9年ぶり高値 ロシア輸出税引き上げ検討で

[有料会員限定]

小麦の国際価格が上昇している。米シカゴ商品取引所の小麦先物は11日、一時1ブッシェル8.24ドル(期近)と8年11カ月ぶり高値を付けた。主産地ロシアが小麦価格の上昇に備えて輸出税の引き上げを検討すると伝わり、世界の需給が逼迫するとみた買いが入った。

終値は8.12ドルと、2日連続で8ドルの大台を超えた。日本時間12日時点でも高値で推移している。

米メディアによるとロシアの農相が10日、国際価格が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン