/

この記事は会員限定です

自動化関連株、下げ目立つ 安川電一時8%安

企業業績、回復力に懸念強まる

[有料会員限定]

12日の東京株式市場で工場自動化(FA)関連株の下げが目立った。安川電機が一時前週末比8%安と売られ、オムロンTHKも一時4%安となった。前週末の安川電の決算を受け、新型コロナウイルス禍からの業績回復が事前の想定よりも鈍くなるとの懸念が浮上した。FA関連は業績期待から高値圏にあった銘柄も多く、利益確定の売りが広がった。

キーエンスファナックも一時2%安まで下げた。ダイフクやナブテスコは一時1%安となった。

安川電の22年2月期は純利益で7割増を見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り441文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン