/

この記事は会員限定です

不動産登記の仕組み 土地・建物の所有者を明確に

[有料会員限定]
マイホームの購入や相続など、不動産を取得したときには登記をします。2024年4月からは相続時の手続きが義務化されます。不動産の登記はどのような仕組みで、なぜ必要なのでしょう。

Q 不動産登記とは何ですか。

A 土地や建物についての情報を法務局が管理する「登記簿」に記録することです。土地や建物それぞれについて、場所や特徴、誰が所有しているかなどを記載します。登記簿の内容は手数料を払えば誰もが閲覧でき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません