/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG傘下ファンド、自前主義に転換 7%利払い重荷

(更新) [有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)の投資事業「ビジョン・ファンド」が自前主義への転換を急いでいる。2017年設定の1号ファンドでは出資者のサウジアラビア政府系ファンドなどに毎年7%の固定利回りを約束するなど、外部の資金流出が課題になっていた。投資環境の好転で自己資金の運用にシフトするが、相場が大きく調整した際の損失リスクはかえって高まることになる。

ビジョン・ファンド1号の運用額は986億ドル(約10兆8000億円)。サ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1065文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン