/

この記事は会員限定です

内閣改造、市場が嗅ぎ取る緩和修正

UP&DOWN

[有料会員限定]

岸田文雄首相が実施した内閣改造を巡り、市場で日銀の政策修正を意識する見方が出ている。金融緩和に積極的とみられている高市早苗氏が自民党の政調会長を外れて、経済安全保障相に就いたことなどが背景だ。日銀の政策修正の観測はくすぶり続けており、市場関係者は岸田政権の意向を推し量ろうとしている。

第2次岸田改造内閣は10日発足した。経験や専門性を重視した手堅い布陣と言われており、市場ではサプライズはなかった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り418文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン