/

この記事は会員限定です

中国迂回上場「VIE」、米で膨張180兆円 対立再燃で波乱も

[有料会員限定]

【上海=土居倫之、ニューヨーク=宮本岳則】米国に上場する中国企業が中国政府の規制強化に揺れている。データ安全と並ぶもうひとつの焦点が、中国企業が規制を迂回して海外に上場するための「変動持ち分事業体(VIE)」と呼ぶ仕組みだ。アリババ集団をはじめ巨大企業が軒並み採用し、時価総額は計約1兆6200億ドル(約180兆円)に達する。中国政府がその適法性に疑義を唱えれば、世界の金融市場の混乱は必至だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1766文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン