/

この記事は会員限定です

稲作はSDGsに向く

十字路

[有料会員限定]

国連"持続可能な開発目標"(SDGs)は2番目に、飢餓に終止符、食料の安定確保と栄養状態の改善、持続可能な農業を挙げている。

生命維持に必要なカロリーを供給する穀物の生産は、米を作る水田農業と小麦やトウモロコシなどを生産する畑作農業に分かれる。

世界の畑作農業は持続性に問題がある。植物が水を吸収するための保水性と呼吸するための通気性という構造を持つ、表面から深さ30センチメートル以内にある表土は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り536文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン