/

三井住友FG、取引先のCO2削減へ 目標設定は邦銀初

三井住友フィナンシャルグループは12日、取引先の二酸化炭素(CO2)排出量を把握し、削減に向けた目標を定めると発表した。まず石油やガス、電力などCO2排出量の多い業種から始め順次、対象を広げる。

取引先など事業に関連する他社の排出(間接排出)は、国際組織「GHGプロトコル・イニシアチブ」が、「スコープ3」と位置づける。3段階中、最も厳格な基準で、スコープ3に基づいた削減目標を定めるのは邦銀として初めてという。

2020年度からの10年間で10兆円としていたグリーンファイナンス(環境金融)の実行額の目標を、30兆円に引き上げる方針も示した。貧困や環境などの社会課題の解決に伴う資金調達であるソーシャルファイナンスなども対象に加える。石炭火力発電所への新規融資もやめる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン