/

この記事は会員限定です

海外ファンド、年金マネー照準 投資下限を大幅下げ

[有料会員限定]

海外のプライベートエクイティ(PE=未公開株)ファンドが日本の年金基金に照準を合わせて資金調達に動いている。スイスのパートナーズ・グループは通常10億円とされる最低投資額を1億円程度に引き下げて提供する。インフレで上場株や債券市場が不安定となるなか、未公開市場に資金を退避させたい投資家の需要を取り込む。

パートナーズが信託銀行を通じて販売するのは、PE投資の主力商品である「グローバル・バリュー戦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り981文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン