/

試練のESG投資 年後半に復活の兆し

広木隆のザ・相場道

今年5月に、脱炭素に貢献する銘柄で構成する「日経平均気候変動1.5℃目標指数」の算出が始まった。同指数のベースは日経平均株価だが、温暖化ガスの排出量に応じて指数に占める銘柄の比率を調整している。この指数全体の排出量は、日経平均に比べて「半分」になるよう設計されている。

作成方法はこんな具合だ。まず、日経平均を構成する225銘柄のうち、化石燃料関連の売上高が一定水準(石炭1%以上、石油10%以上、ガス・発電事業50%以上)を超える銘柄や、ESG(環境・社会・企業統治)の視点から、武器やたばこ、社会規範に抵触する銘柄を除く。いわゆるダイベストメント(投資撤退)という発想だ。これにより、この指数は現在、204銘柄で構成されている。日経平均より20銘柄余り少ない状況だ。

次に、採用銘柄のうち、温暖化ガス排出量が少ない銘柄の構成比率を高くし、排出量が多い銘柄の比率が低くなるよう調整する。この2つの方法により、指数全体の温暖化ガス排出量が日経平均に比べて半分になるようにしている。

気候変動指数と日経平均の値動きはほぼ同じ

「日経平均気候変動1.5℃目標指数」と日経平均のパフォーマンスは、足元でほとんど変わらない。これは投資家にとっては朗報だ。なじみ深い日経平均と似た動きをするため、先物でヘッジするなどリスク管理がしやすい上、リスク・リターンの予測なども立てやすいからだ。加えて、温暖化ガス排出の抑制にも貢献できる。その意味で、同指数はESG投資をする上で使い勝手が良く、今後この指数に連動する上場投資信託(ETF)などが開発されれば、一気に売買が広がる可能性を秘めている。

リスク・リターン・構成銘柄が日経平均とほとんど同じと言っても、細かく見れば、当然違いはある。下に、2つの指数の差分(気候変動指数マイナス日経平均)を取ってみた。

過去に遡って算出した指数値と比べると、2019年初めの時点では気候変動指数が日経平均より700円ほど下回っていたのが右肩上がりで差が縮まり、21年の後半にかけては日経平均を上回っている。

ところが問題は、今年に入り、差分がマイナス方向に広がり出したことだ。つまり、気候変動指数が日経平均に負けている。

資源高を背景に、石炭や石油など化石燃料に関連する企業の株価が上昇に転じていたところに、2月にロシアによるウクライナ侵攻が始まり、資源関連株の値上がりが加速した。ウクライナ侵攻でエネルギーの調達に支障が出ている国があり、市場では「ESGどころではない」とか「脱炭素目標は棚上げすべきではないか」といった声もあるくらいだ。まさにESGにとって逆風が吹いている。

この状況は海外も同じだが、変化の兆しも見え始めている。気候変動指数と米欧の各主要指数との比率を取ったのが下のチャート。算出方法は、「気候変動指数÷米欧の各主要指数×100」で、このチャートが上昇すれば気候変動指数が強いことを意味している。

今年に入って気候変動指数が弱含んでいるのは米欧ともに同じだが、足元では底入れ反転の兆しが明確だ。特に強いのは欧州で、既に1年前の水準を回復している。 もともと欧州はESGの意識が強かった。そこに今年の異常気象が加わった。英国では7月に観測史上初の40度を記録するなど、とにかく暑い。温暖化意識が再度強まった可能性もあるし、原油価格のピークアウトも見られる。

気候変動指数のオーバー ウエート上位にグロース株

「原油のピークアウト」と、「気候変動指数のボトムアウトからの反転上昇」は奇麗に一致している。原油価格の下落で化石燃料に関連する企業の株価が下落した。加えて、インフレ懸念の落ち着きを受けて金利もピークをつけている。

それがこれまで売られていたグロース(成長)株の戻りにつながった。実は気候変動指数でオーバーウエート(強気)されている銘柄は半導体株とかグロース株が多い。

私の年後半のシナリオは、前半とは逆の展開だ。米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースは9月に鈍化する。そして米長期金利がピークアウトすれば、グロース株の戻りが期待できる。さらにESG意識の復活も加わる。気温上昇抑制のセンチメント(心理)が再び高まり、気候変動指数への投資が増える。それが半導体株やグロース株への追い風にもなる。

広木隆(ひろき・たかし)
マネックス証券チーフ・ストラテジスト。国内外の運用機関でファンドマネジャーなどを歴任。株式・為替からマクロ経済まで幅広い知見を基に自らヘッジファンドも立ち上げた。バイサイド時代の経験から斬る相場分析や展望に定評。青山学院大学大学院(MBA)非常勤講師。神戸大学大学院・経済学研究科後期博士課程修了。博士(経済学)。
日経マネー 2022年9月号 下落相場でお買い得度が倍増! お値打ち上昇株で勝つ
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP(2022/7/21)
価格 : 750円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン