/

この記事は会員限定です

米国ETF市場がけん引、日本市場でも品ぞろえ広がる

ETF最新事情③ 野村アセットマネジメント渡辺雅史チーフ・ETF・ストラテジスト

[有料会員限定]

商品性の進化が成長主導、運用・販売の変化取り込む

ETF(上場投資信託)を語るうえで欠かせないのが、1993年に登場した米国初のETFであり、28年後の現在でも3740億ドル(約41兆円、6月末時点)という世界最大の残高を誇るSPDR S&P 500 ETF TRUST(SPY)でしょう。このETFの登場以降、急成長した米国のETF市場は、現在では2300を超える銘柄数と6.3兆ドル(5

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2634文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン