/

この記事は会員限定です

守り固める熟練投資家 「買い戻し」銘柄に見切り

[有料会員限定]

日本株の回復基調が続くなか、プロの投資家たちが守りの姿勢を強めている。6月半ばからの戻り相場をけん引した半導体関連や景気敏感株への買い戻しは一巡し、さらなる押し上げ要因は乏しいとみるからだ。インフレ鈍化期待から足元で進んだ株高にも「楽観的すぎる」と慎重姿勢を崩さない。

農林中金全共連アセットマネジメント(NZAM)の山本健豪ファンドマネージャーは最近キーエンス株を「著しく」、ある総合商社株は「全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スクランブル

株式市場の日々の動きと要因、見通しなどを緻密な取材を元にわかりやすく分析、解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン