/

この記事は会員限定です

インフレ、日本でも進むか

十字路

[有料会員限定]

世界的にインフレが進行し米国の金融引き締めペースが目下最大の論点となっている。新型コロナウイルス禍からの需要急回復によるインフレ圧力は過渡的なものとの理解は依然妥当とみられるが、その後も高止まりする可能性が意識されている。一方、日本では川上では輸入インフレの影響がみられるが、川下への転嫁は限定的となっている。

しかし、1980年代のようにインフレ抑制に成功したと胸を張ることはできない。確かに賃金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り543文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン