/

みずほ証券、ネット取引で障害 一時株注文できず

(更新)

みずほ証券は12日、個人向けのインターネット取引で不具合が発生し、一時的に株式の注文を受け付けられなくなったと発表した。午後0時30分に復旧し、後場の取引から再開した。顧客への影響は調査中としている。

東京証券取引所とみずほ証券のリテールシステムを結ぶソフトウエアで12日の朝6時に通信エラーを検知し、利用客がオンライン取引「みずほ証券ネット倶楽部」を通じて株式を一時的に注文できない状態となった。午前中は取引店や電話を通じた注文で対応していたが、再開後はネットからの注文に切り替えている。

11日夜から12日午前11時30分までに受け付けた注文については、約定すべき価格で取引できるようにするとしている。ネット取引の口座数は今年3月末時点で約130万件で、1日あたり数万人が使っているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン