/

この記事は会員限定です

自宅土地、特例で相続節税 評価額8割減の条件厳しく

[有料会員限定]

「簡単に適用できると勘違いしている人も多いので注意が必要です」。相続専門の税理士法人トゥモローズの代表税理士、角田壮平氏は強調する。相続の際に自宅の土地(居住用宅地)の評価額を8割下げられる「小規模宅地特例」。大きな優遇を受けられるだけに複雑で厳しい条件がある。親の自宅などを相続しようと考えている人は、いざという時に慌てないようしっかり準備しておきたい。

相続税負担を左右

特例がなぜできたのか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1637文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン