/

東京スター銀行、保険の勧誘一部停止 ルール違反の疑い

東京スター銀行は12日、一部の保険商品で行員による勧誘を一時的に停止していると発表した。契約時に保険料を一括で支払う円建ての一時払い終身保険が対象。8月に顧客から商品説明などで2件苦情を受け実態調査したところ、同意なしに預金情報をもとに営業する違反行為の疑いがあることが発覚。業務プロセスの検証などのために同月中に勧誘を取りやめた。

保険業法では、保険商品と預金を顧客が混同することを防ぐため、通常の銀行業務で得た情報を勧誘に使う際には顧客からの同意を義務付けている。東京スター銀では法令に基づいた行内ルールを整備している。顧客からの苦情は預金情報の利用に直接関連しないものの、その他の営業行為を含めルール順守の状況を調べている。顧客から要望があった場合は、一時払い保険の販売を続けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン