三井住友信託、米再エネファンド出資 日本進出支援 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

三井住友信託、米再エネファンド出資 日本進出支援

[有料会員限定]

三井住友信託銀行は再生可能エネルギー関連企業への投資を手掛ける米ファンドのエナジー・キャピタル・パートナーズと提携する。エナジー社が新たに立ち上げるファンドに資金を出すほか、エナジー社本体にも出資する。脱炭素に関する知見を深め、国内企業に還元する。

投資額は非公表だが、合わせて数百億円規模とみられる。提携に基づき、三井住友信託はエナジー社の日本市場への参入を支援する。将来は日本の個人や年金基金が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り383文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません