/

この記事は会員限定です

株主総会「違法状態」判決 「たかが一日」の重み増す

(更新) [有料会員限定]

東芝の株主総会の運営を調査した外部弁護士の報告書が波紋を広げている。アクティビスト(物言う株主)が東芝の総会運営に疑念を抱く発端になったのが、行使期日に届いた議決権の一部を無効扱いしていた三井住友信託銀行とみずほ信託銀行の不適切な集計問題だった。両行は今年の総会から手続きを見直したが、依然として日本の株主総会の多くが「違法状態」で運営されているとする判決が4月、ひっそりと下された。

「招集手続きの瑕疵...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン