/

この記事は会員限定です

FRB議長、再任の条件は パウエル氏に左派の壁

金融PLUS 金融グループ長 河浪武史

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の任期が残り9カ月となり、再任の是非を巡る議論が動き始めた。バイデン米大統領は早ければ8月中にも次期議長人事を決める。金融市場はパウエル氏の金融政策運営を評価するものの、人事を左右する民主党左派から異論が出る可能性もある。

「現時点ではイエスでもノーでもない」。4日、米政治専門紙「ポリティコ」のイベント。ホワイトハウスのバーンスタイン経済顧問は、パウエル氏再...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

金融PLUS

日本・海外の金融政策の「先読み」や金融ビジネスの裏話を、経験豊富なエディター陣が解説します。普段の金融報道に「プラス」を与えるコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン