/

この記事は会員限定です

株価の水準、指標で測る PERは同業・時系列で比較

[有料会員限定]

日経平均株価は2万8千円台を挟んで一進一退が続く。新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、経済正常化に向かえば、株価はまだ上がる余地があるのか、気になる人も多いだろう。確認したいのが株価の割安・割高を判断する株価指標だ。コロナ下での特殊要因にも気をつけたい。

現在の株価が割安か割高かを判断する代表的な指標がPER(株価収益率)だ。株価を1株当たり純利益で割った数字で、「~倍」で表す。株価が利益の何...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1540文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン