/

この記事は会員限定です

自動車保険料の下げ幅、4%弱で調整

[有料会員限定]

損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構が自動車保険の目安となる参考純率の引き下げ幅を平均4%弱とする方向で調整に入った。損保各社は2022年以降の保険料から値下げする。

保険料を下げるのは自動車の安全性能の向上や外出を控える動きが広がり、自動車事故が減少しているためだ。損保各社の試算では引き下げ幅を5%前後としていたが、ワクチン接種の進展による経済活動の再開で事故が試算時より増える可能性を織り込...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り246文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン