/

ソフトバンクG、最高益4兆9879億円 巨額赤字から回復

(更新)
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長。株高の恩恵を受け、投資先企業の評価が上がった

ソフトバンクグループ(SBG)が12日発表した2021年3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が4兆9879億円だった。国内企業の純利益では過去最大を更新した。20年3月期は9615億円の赤字だった。世界的な株高の恩恵を受け、世界の有望ベンチャー企業に投資する「ビジョン・ファンド」の運用成績が大幅に改善した。

国内企業の純利益は、トヨタ自動車が18年3月期に計上した2兆4939億円がこれまでの最大だった。世界企業の20年度決算では、米マイクロソフトの20年6月期の4兆7882億円(QUICK・ファクトセットによる円換算ベース)を上回り、世界3位となった。世界1位は米アップル(6兆1905億円)、2位のサウジアラビア国営石油会社サウジアラムコ(5兆2618億円)に次ぐ規模となった。

連結の投資成果を示す投資損益は7兆5290億円の黒字(前の期は1兆4101億円の赤字)と大きく改善した。ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)に係る投資利益は6兆2920億円だった。

ビジョンファンドの個別の投資案件では3月に上場した韓国のネット通販大手クーパンで未実現評価益を2兆5978億円計上。米料理宅配のドアダッシュでも6611億円の利益計上につながった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン