/

この記事は会員限定です

世界株「稼ぐ効率」で選別 ROIC評価、高金利に備え

(更新) [有料会員限定]

世界の株式市場で効率的に稼ぐ力を軸にした選別が進んでいる。稼ぐ効率を示す投下資本利益率(ROIC)で世界の主要銘柄を分類すると、ROICが高い銘柄ほど足元の株価が底堅いことが分かった。各国中銀による金融引き締めが進んで金利が上昇し、緩和相場では意識されにくかった資本と負債の調達コストが増しているためだ。高金利に備えた投資が始まっている。

QUICK・ファクトセットで世界の時価総額上位約1000社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1316文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン