/

この記事は会員限定です

フィンテック、南米・欧州勢台頭 サービスも多様化

[有料会員限定]

米国勢中心だった有力フィンテック企業の裾野が広がってきた。過去最高となった2021年1~3月の資金調達額上位10社の半分は欧州や南米など米国以外が占め、決済のほか不動産のオンライン売買など手がけるサービスも多様化している。新型コロナウイルス禍を機に金融のデジタル化やキャッシュレス化が進み、世界でフィンテック企業への期待が高まっている。

米調査会社CBインサイツの調べでは21年1~3月のフィンテック...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1364文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン